見えないけれど深刻な脳の病気

身体的な症状が実は脳の病気にも直結|ストレス社会で生き延びろ

このエントリーをはてなブックマークに追加

心の病気ではない

悩む女性

うつ病や自律神経失調症は、脳の病気です。その脳の病気を発症させる最たる原因はストレスです。今の世の中、ストレスを感じずに生きることは不可能なことですから、うつ病や自律神経失調症になってしまっても仕方ないと考えてしまいがちですが、簡単なストレス解消法がありますから、予防、改善は可能です。

もっと読む

心の病の原因と治療とは

ナース

精神疾患にはストレスが発症の原因となる環境要因と、脳の病気として捉える二つの側面があります。そのため、心療内科では治療に際して環境の改善がまず目指されます。そのうえで、不眠などの個々の症状に対応しながら脳内物質をコントロールしていきます。

もっと読む

受診する際のポイント

頭を抱える男性

ストレスを強く感じた事があり、内科的な病気かストレスによるものかよくわからない場合は、脳の病気の可能性があるので、心療内科を受診することをおすすめします。また、地域内の医師会などに相談すれば適切な医療機関を紹介してもらえることもありますので、利用してみましょう。

もっと読む

うつ病から発展する病気

ドクター

双極性障害について注意すべきなのは、重症化しやすいことです。双極性障害は、脳の病気であることから、電気けいれん療法を用いる工夫が行われています。その利点は、薬物治療やカウンセリングよりも即効性が高いケアを提供できる点です。

もっと読む

憂鬱な状態が続く病気

ドクター

双極性障害は一見うつ病と同じように見えますが、実は大きく違いのある脳の病気です。脳内物質のバランスが乱れることで症状が発生してしまいますが、バランスが乱れる原因は睡眠不足やストレスです。

もっと読む

脳科学の成果を治療に活用

カウンセリング

脳に影響するコルチゾール

人間が病気になる原因は遺伝や生活習慣の他に、ストレスが深く関わっているものです。その点では身体疾患ばかりでなく、心の病気と呼ばれる精神疾患でも変わりありません。人はストレスを受けると脳下垂体から副腎皮質刺激ホルモンが出され、コルチゾールという物質が分泌されます。このコルチゾールは交感神経を興奮させ、血糖値を上昇させたり血圧を高めたりするステロイドホルモンです。適度なコルチゾールは健康を維持するのに必要ですが、強いストレスを受け続けると過剰に分泌され、脳に悪影響を及ぼします。特に大脳辺縁系では扁桃体が異常に活性化して海馬が萎縮してしまうため、記憶力の低下やうつ病の発症につながるのです。実際にうつ病やPTSD患者の脳では海馬の萎縮が見られます。こうしたコルチゾールの過剰分泌状態が続くと、思考や判断を司る大脳新皮質の血流まで悪化してきます。うつ病患者の脳ではセロトニンという神経伝達物質の濃度低下が顕著ですが、これもコルチゾール過多の影響と言えます。うつ病やPTSDなどは脳内物質のバランスが崩れることで発症すると考えられるため、脳の病気だと見なされます。単なる心の病と考えるよりも、脳の病気と認識することで治療しやすくなるのです。過度のストレスが引き起こした精神疾患治療の鍵は、コルチゾール過剰生成をいかに抑えるかにあります。そのためにもストレスを調整し、脳内環境を正常化させることが必要です。ストレス社会で生き延びる為、色々と考えていきましょう。

薬物療法を支える心理療法

脳の病気の中でも、脳血管障害や脳腫瘍などの治療は脳神経外科が得意としています。うつ病やPTSDなどの精神疾患は、それらの病気ほど脳の病変がはっきりしていません。脳の病気と言っても、脳神経外科で扱うような種類の病気ではないのです。精神科や心療内科でも最近は脳科学の成果を治療に取り入れており、まずはSSRIなどの抗うつ薬で脳の状態を改善していきます。SSRIには脳内神経伝達物質のセロトニン減少を食い止める作用があり、うつ病やPTSDの症状改善が期待できるのです。他に抗不安薬や気分安定薬が処方される場合もあります。精神疾患を脳の病気と見なして治療する場合、対処療法としてこうした薬を利用する以外にも工夫が必要です。精神科や心療内科では、心理療法や環境調節を通じて脳機能の正常化を目指していきます。発症の原因となったストレスを心理的に分析することにより、患者さん自身がストレスを克服できるように導くのです。ストレスが減ってコルチゾール分泌量が正常値に戻れば、脳の機能も回復して症状が改善されていきます。このようにストレスが原因で脳内環境の調和が乱れ、発症に至る精神疾患はうつ病やPTSDに限りません。適応障害や不安障害などもストレスとの関連性が強い病気です。それらの精神疾患も脳の病気と考えることで、脳科学を治療に応用できます。薬物療法を支える心理療法によって、心の病気が治る確率も大きく向上しました。