医師

身体的な症状が実は脳の病気にも直結|ストレス社会で生き延びろ

このエントリーをはてなブックマークに追加

受診する際のポイント

頭を抱える男性

医師選びが大切

調子が悪くて病院を受診しようと思った場合、どの病院の科を受診したらよいのか迷う場合があると思います。適切な診療科で治療を受けるために気を付けることは症状に合った診療科を受診することです。脳の病気で比較されるのが精神科と心療内科です。この他に神経内科もありますが、神経内科は脳血管障害や、脳動脈瘤など脳神経を専門的に扱うので注意が必要です。精神科の場合は精神科の研修を受けた専門医師が行い、心療内科は内科の研修を受けた内科医が行います。心療内科の医師が診察する疾患は主に、身体の症状からみられる心身症などです。つまり体の症状がメインで食欲や睡眠状態など、体全体のアプローチから入っていくのが心療内科の特徴です。精神科の場合はストレスなど精神面のアプローチから入ります。そのためうつ病や双極性障害などは精神科での診察になります。心療内科では重度のうつ病などには対応できないので注意が必要です。また最近ではどこの病院もホームページで医者の専門を紹介しているので専門医など自分で調べることも出来ます。

医療施設での治療

心療内科の診察は、内科医や精神科医が診察します。主に体に症状があらわれる疾患や他の科で受診しても原因が特定できない症状がある場合受診します。心療内科は主に大学病院、総合病院などに設置されており、またメンタルクリニックなどの名称の所もあります。精神的なストレスや不安などが体調に強く出れば、心療内科に該当しますが、ストレス性というよりも脳の神経伝達物質の乱れである脳の病気だと言われます。自分がこれらの脳の病気に該当しており、どの病院に行けばいいのかわからない場合は、各地の医師会や保健、福祉センターなどに問い合わせれば、専門性の高いスタッフが無料で電話相談に応じてくれ、自宅に近い医療機関も紹介してもらえるのでお勧めです。脳の病気は自分では病院に行くほどではないと思っていても、家族や知人などから見ると明らかに異常がわかります。親しい人に受診を進められたら、身体からのSOSと思い素直に耳を傾けましょう。そして、それぞれの長所と短所を知って自分の症状に合った専門機関を受診しましょう。