医師

身体的な症状が実は脳の病気にも直結|ストレス社会で生き延びろ

このエントリーをはてなブックマークに追加

心の病気ではない

悩む女性

原因は脳

うつ病も自律神経失調症も、脳の病気だと言えます。脳の病気ではなく、心の病気ではないかと思うかもしれませんが、全身も感情も脳にコントロールされていますから、脳の病気だと言えるのです。もう少し具体的に説明すると、脳は3つの層に分けられていて、1番下の層を脳幹、その上の層を大脳辺縁系、1番上の層を大脳新皮質と言います。脳幹は自律神経の中枢ですので、自律神経失調症というのは脳幹が上手く機能していない脳の病気ということになります。大脳辺縁系は食欲や性欲、睡眠欲、そして意欲といった本能、情緒や喜怒哀楽をつかさどっていて、自律神経にも関わりがあります。従って、うつ病も自律神経失調症も大脳辺縁系の不調が原因だと考えられます。大脳新皮質は、人間が属している霊長類のみに存在していて、特に人間は発達しており、理性や知性といったことをつかさどっています。うつ病は理性や知性と深い関わりがありますから、うつ病は大脳新皮質の不具合が原因となっていると考えることができるのです。

自ら解消できる

では、どうして、このような脳の病気になってしまうのかというと、そのほとんどはストレスが原因です。現代はストレス社会ですから、ストレスを感じずに生きることは、ほぼ不可能だと言えます。ならば、うつ病や自律神経失調になってしまっても仕方ないと考えてしまいがちですが、そんなことはないのです。脳にかかるストレスは、自ら解消することが可能です。大脳新皮質にかかるストレスは偏った考え方や知識不足で起こってしまいますから、考え方を柔軟にする、知識を得ることで解消できます。脳幹にかかるストレスに関しては、呼吸や姿勢、歩き方を正しくするだけで解消できます。大脳辺縁系にかかるストレスというのは、世間一般で言われているストレス、つまり精神的なものです。従って、発散することでストレス解消となるのですが、もう1つ効果的な方法があります。大脳辺縁系には、記憶をつかさどる海馬が属しています。大脳辺縁系にストレスがかかると海馬の機能も当然、低下してしまいますので、記憶に混乱が生じがちです。その混乱した記憶を元通りにすれば良いのです。具体的には、過去の経験を語る、もしくは書くことです。また、海馬は眼を動かすことで活性化されますので、眼のトレーニングをすることでもストレスが解消されます。